部屋には、緊張感が漂っていた。くすぐりに弱い美女が見つかったのだ。彼女は、うつ伏せに四肢を拘束され、くすぐりの餌食となる。

「麗子さん、くすぐったいのは嫌いですか?」

「はい...くすぐったいの、弱いです...」

麗子さんは、少し恥ずかしそうに答えた。その表情は、すでに不安と期待で満ちているようだった。

「じゃあ、まずは軽く触れていきましょう」

くすぐり師は、優しく麗子さんの脇腹に手を這わせた。ゾクゾクとする感覚に、麗子さんは身をよじらせる。

「あはは...くすぐったい...」

麗子さんは、今までにない感覚に、戸惑いながらも笑い声を漏らす。その声は、すでに快楽への入り口に立っているようだった。

「じゃあ、くすぐり棒と指で、同時に責めていきましょう」

くすぐり師は、麗子さんの脇腹にくすぐり棒を当てながら、指でモミモミと刺激していく。

「あぁ...そこ、だめ...」

麗子さんは、脇腹を刺激されるたびに、身をよじらせ、笑い混じりの喘ぎ声を漏らす。その声は、すでに快楽に堕ちているようだった。

「ここ、くすぐったいですか?」

「はい...そこ、1番くすぐったいです...」

麗子さんは、素直に弱点を告白した。その表情は、すでに快楽に身を委ねているようだった。

「じゃあ、ツボを刺激していきましょう」

くすぐり師は、麗子さんの脇腹にツボを押し当てた。

「あははは...やめて...くすぐったい...」

麗子さんは、今日イチの反応を見せた。ジタバタと身をよじらせ、笑い混じりの喘ぎ声を漏らす。その声は、もはや快楽の声そのものだった。

「他の部分はどうですか?」

「内腿や裏もも、鼠径部も、くすぐったいです...」

麗子さんは、恥ずかしそうに告白した。その表情は、すでに快楽に溺れているようだった。

「じゃあ、足裏ブラシもやってみましょう」

くすぐり師は、麗子さんの足裏にブラシを当てた。

「あはは...そこも、くすぐったい...」

麗子さんは、足裏を刺激されるたびに、笑い混じりの声を漏らす。その声は、快楽に身を委ねているようだった。

「麗子さん、くすぐったがりですね」

「はい...くすぐったいの、感じちゃうんです...」

麗子さんは、恥ずかしそうに告白した。その表情は、すでに快楽に満ちていた。

「じゃあ、もっと感じてもらいましょう」

くすぐり師は、麗子さんの反応に満足すると、さらに刺激を強めていく。脇腹、内腿、鼠径部、足裏、すべての部分を徹底的に責め立てた。

「あぁ...だめ...もっと...」

麗子さんは、もはや身も心もくすぐったさに支配されていた。その表情は、快楽に溺れ、恍惚に満ちていた。

「もっと、感じていいんですよ。麗子さん」

くすぐり師の言葉に、麗子さんは恥ずかしそうに頷いた。その表情は、すでに快楽を求めるものになっていた。

「あぁ...はぁ...あぁ...」

麗子さんは、くすぐったさから逃れるどころか、その感覚を求めているようだった。その表情は、快楽に貪欲で、性的な魅力に満ちていた。その感覚を存分に味わい、快楽の渦に溺れていくのだった。
タグ