ベッドの上に拘束された巨乳美女。手も足も動かせない状態で、足裏をくすぐるための道具が用意されていた。ブラシ、電動歯ブラシ、指、ローションなど、足裏を刺激するのに使えるものはすべて揃っている。

まずは、ブラシで優しく足裏をなでるように刺激していく。

「くすぐったい…やめて…」

美女はくすぐったさに身をよじり、その巨乳を揺らす。その姿はとてもセクシーで、くすぐる側を刺激する。

次に、電動歯ブラシを足裏に当ててみる。

「あっ…そこはだめ…」

微細な振動が足裏に伝わると、美女は思わず声を上げた。歯ブラシを動かして足裏の感覚を刺激していく。

「んっ…あっ…」

美女は歯を食いしばり、耐えているようだが、その表情は快感に歪んでいるようにも見える。

さらに、指にローションをたっぷりとつけて、足の指の間や足裏を滑らせるように刺激していく。

「やぁ…そこ、ダメ…」

ローションの冷たさと指の動きに、美女は足裏が敏感になっているのがわかる。

「もっと…そこ…」

美女は足裏を刺激される快感に身を委ね、エッチな声を漏らし始めた。拘束された状態で足裏をくすぐられるという恥ずかしさと快感に、その美しい体は反応していた。

「もう耐えられない…」

美女は足裏をくすぐられる地獄のような責めに、悶えながらも快感を感じていた。果たして、この責めに耐えられるのだろうか。美女の足裏は、くすぐる側のフルコースの攻めに、敏感に反応し続けていた。
タグ