h_1711maan00987jp-4
ある夏の午後、人気T☆kTokerでAV監督のケイは、SNSで一人の美女を見つけた。彼女の名は、リン(仮名)、20歳の女子大生で、アイドルを目指しているという。ケイは、リンの可愛らしいルックスと、バズりそうなクビレ巨乳のプロポーションに魅了され、すぐにDMを送った。 「リンちゃん、初めまして!ケイです。T☆kTokの動画、いつも見てくれてありがとう!」 ケイのDMに、リンは驚きながらも、好意的な返信をくれた。 「ケイさん、私のこと知ってるんですか?ありがとうございます!実は、私、アイドルを目指していて、もっと有名になりたいと思ってるんです...」 「リンちゃん、もっと有名になりたいなら、僕の動画に出てみない?」 ケイの直球の提案に、リンは戸惑いながらも、興味を示した。 「でも、私にできるかな...」 「大丈夫!リンちゃんなら、絶対に素敵な動画になるよ。一緒に、バズる動画を作ろう!」 ケイの熱意に押され、リンは出演を快諾した。こうして、二人は撮影当日、とあるスタジオで待ち合わせることにした。 リンは、スタジオに足を踏み入れると、そこがAVの撮影現場であることに気づいた。 「え...ここって...」 「リンちゃん、驚いたかな?でも、心配しないで。僕がリンちゃんを気持ち良くするから」 ケイは、優しくリンに微笑みかけた。リンは、不安を抱えつつも、ケイを信じることにした。 「リンちゃん、まずは服を脱いでくれるかな?」 ケイの言葉に、リンはゆっくりと服を脱ぎ始めた。クビレ巨乳を強調するような衣装を身に纏い、スタジオの照明に照らされながら、彼女は恥じらいと期待が入り混じった表情を浮かべていた。 「わぁ...リンちゃん、想像以上だよ...」 ケイは、リンの圧倒的なプロポーションに目を奪われた。彼女の身体は、細いウエストから、豊満な胸へと官能的にくびれていた。 「リンちゃん、まずはフェラチオからお願いできるかな?」 「はい...」 リンは、はにかみながらも、ケイの性器に口づけした。彼女のフェラチオは、ゆっくりと丁寧で、ねっとりと舌を絡ませるような濃厚なものだった。 「あぁ...リンちゃん、気持ちいいよ...」 ケイの言葉に、リンは嬉しそうに微笑み、さらに激しくしゃぶり始めた。彼女の巨乳が揺れるたびに、ケイの興奮は高まっていく。 「リンちゃん、次はパイズリをお願いできるかな?」 「はい...」 リンは、自身の巨乳でケイの性器を包み込んだ。彼女の柔らかく大きな胸は、ケイの性器を優しく刺激し、快感を与えていく。 「あぁ...リンちゃん、すごいよ...」 ケイの言葉に、リンはさらに巨乳を前後に揺らし、刺激を強めていく。彼女の巨乳は、ケイの性器を虜にし、快楽の渦へと引きずり込んだ。 「リンちゃん、もう我慢できないよ...」 「はい...」 リンは、ケイの性器を口から離し、彼の望む体勢になった。ケイは、リンのツルツルに剃られた美ま●こに性器をゆっくりと挿入した。 「あぁ...」 リンの膣の締め付けは、ケイの性器を歓迎するかのように刺激的だった。ケイは、ゆっくりと腰を前後に動かし始めた。 「あぁ...ケイさん...」 リンは、ケイの性器が膣の奥まで届くたびに、甘い吐息を漏らした。彼女のクビレ巨乳が揺れるたびに、ケイの興奮は最高潮に達していく。 「リンちゃん、もっと激しく動いていいよ」 「はい...」 リンは、ケイの言葉に答えるように、自ら腰を激しく動かし始めた。彼女の巨乳が激しく揺れるたびに、ケイの性器は快感で震えた。 「あぁ...リンちゃん、すごい...」 「はぁ...ケイさん...もっと...」 リンは、自ら腰を動かしながら、ケイに甘い声で囁きかけた。彼女の瞳は、快感と興奮で輝き、ケイを魅了し続ける。 「リンちゃん、もうすぐ...」 「はい...一緒に...」 リンは、ケイの性器が限界を迎えようとしていることを感じ取り、自ら腰の動きを速めた。ケイは、リンの膣の締め付けと、彼女の甘い声に耐え切れず、膣内に精子を放った。 「あぁ...ケイさん...」 リンは、ケイの性器が膣内で脈打つ感触を感じながら、彼の余韻に浸る表情を嬉しそうに眺めた。 「リンちゃん、まだまだ続くからね」 ケイは、一度性器を膣から離すと、別の体勢で再び挿入した。こうして、二人は様々な体勢で中出しSEXを繰り広げ、リンは計3発の精子を受け止めた。 「リンちゃん、最高だったよ...」 ケイは、リンのエロ過ぎるカラダを存分に味わい尽くし、満足げな表情を浮かべた。リンも、ケイとのSEXに満足し、幸せな余韻に浸っていた。 「リンちゃん、今日の動画、絶対にバズるよ。リンちゃんのアイドルとしての未来も、絶対に輝くはずだよ」 ケイは、リンに優しく微笑みかけ、こう続けた。 「リンちゃん、また僕の動画に出てくれない?」 「はい...また、ケイさんに会いたいです...」 リンは、ケイとのSEXを通して、彼の優しさとエロさに魅了され、再び出演することを約束した。こうして、ケイの動画はバズり、リンもアイドルとしての道を歩み始めた。二人は、互いの夢を叶え合い、エロくて幸せな関係を築いていったのである。

タグ