h_1472fanh00150jp-3
「ねえ、○○くん。今日の撮影、すごい子なんだ。準備はいい?」 そう声をかけてきたのは、AVプロダクションの社長である。彼の興奮した様子に、僕は興味をそそられ、撮影の内容を聞いた。 「今日はね、大学生のゆうかちゃんって子を撮影するんだ。エロすぎる肉感ダイナマイトボディの持ち主で、ムチムチとした大迫力どスケベボディなんだよ」 「へえ、楽しみだね。どんな撮影になるんだい?」 「まずは、ゆうかちゃんのエロすぎるボディを存分に堪能するんだ。オナニーしすぎてズル剥けになったクリトリスを弄って、潮吹きさせちゃうんだ」 「おっと、それは楽しみだ。ゆうかちゃん、どんな反応をするんだろうね」 「じゃあ、さっそく撮影を始めるよ。ゆうかちゃん、準備はいい?」 そう声をかけると、ゆうかちゃんがスタジオに入ってきた。彼女は、ムチムチとした肉感的なボディを持ち、Gカップの爆乳が目を引く。あどけない笑顔を見せながらも、どこかエロティックなオーラを漂わせていた。 「はい、監督。準備は万全です。今日はよろしくお願いします」 ゆうかちゃんは、あどけない表情でそう言うと、カメラの前でポーズを取った。Gカップの爆乳が揺れ、ムチムチとしたお尻がカメラに迫る。 「ねえ、ゆうかちゃん。もっと大胆なポーズ、見せてよ」 「はい...」 ゆうかちゃんは、そっとブラジャーのホックを外し、Gカップの爆乳をカメラに晒す。ピンク色の乳首が硬く尖り、あどけない表情とのギャップが興奮を煽る。 「ゆうかちゃん、もっと大胆に...」 「はい...」 ゆうかちゃんは、そっとスカートをまくり上げ、純白のパンティをカメラに覗かせる。あどけない少女のような表情でカメラを見つめながらも、大胆なポーズを取っていく。 「ゆうかちゃん、もっとエッチなポーズ、見せて」 「はい...」 ゆうかちゃんは、パンティをゆっくりと横にずらし、秘部をチラリと覗かせる。あどけない表情でカメラを見つめながら、自らの秘部を刺激するようなポーズを取る。 「ゆうかちゃん、もっと大胆に...」 「はい...」 ゆうかちゃんは、パンティを完全に脱ぎ去り、カメラに向かってM字開脚をした。あどけない少女の秘部がカメラに晒され、恥ずかしさに顔を赤らめる。 「ゆうかちゃん、クリトリス、ズル剥けになってるね。オナニーしすぎたのかな?」 「はい...いつもオナニーしてるから...」 ゆうかちゃんは、恥ずかしそうに微笑み、そっと秘部に指を這わせた。Gカップの爆乳が揺れ、ムチムチとしたお尻がカメラに迫る。 「ゆうかちゃん、もっとエッチなこと、しよ?」 「はい...」 ゆうかちゃんは、そっとクリトリスに指を這わせ、ゆっくりと刺激していく。Gカップの爆乳が揺れ、あどけない少女のような喘ぎ声がスタジオに響く。 「あっ...そこ...気持ちいい...」 「もっと、奥まで...」 ゆうかちゃんは、自らのGスポットを刺激しながら、クリトリスをこすり上げた。Gカップの爆乳が揺れ、あどけない少女が絶頂を迎える姿は、圧巻だった。 「あっ...ダメ...イッちゃう...」 「あぁっ...ゆうかちゃん...」 ゆうかちゃんは、自らの指でGスポットを刺激しながら、クリトリスを激しく擦り上げた。Gカップの爆乳が揺れ、あどけない少女が何度も絶頂を迎える。彼女の秘部からは、大量の愛液が溢れ出し、スタジオをエロティックな雰囲気で満たしていく。 「ゆうかちゃん、もっとエッチなこと、しちゃおうか。チンポ、入れてみる?」 「はい...入れてください...」 ゆうかちゃんは、あどけない表情でそう言うと、そっとペニスを秘部に導いた。Gカップの爆乳が揺れ、ムチムチとしたお尻がペニスを包み込む。 「あっ...きつい...」 「大丈夫、もっと奥まで...」 ゆうかちゃんは、ゆっくりとペニスを出し入れしながら、自らのGスポットを刺激する。Gカップの爆乳が揺れ、あどけない少女が乱れる姿は、興奮を煽るには十分すぎた。 「あっ...ダメ...イッちゃう...」 「あぁっ...ゆうかちゃん...」 ゆうかちゃんは、自らのGスポットを刺激しながら、ペニスを激しく出し入れした。Gカップの爆乳が揺れ、あどけない少女が絶頂を迎える。彼女の秘部からは、大量の愛液が溢れ出し、ペニスを絡め取っていく。 「あっ...ダメ...また...」 「あぁっ...ゆうかちゃん...中に...」 ゆうかちゃんは、自らのGスポットを刺激しながら、再びペニスを受け入れる。Gカップの爆乳が揺れ、あどけない少女が何度も絶頂を迎えるたび、彼女の秘部からは愛液が溢れ出し、ペニスを締めつけていく。 「あっ...ダメ...もう...」 「あぁっ...ゆうかちゃん...また中に...」 ゆうかちゃんは、自らのGスポットを刺激しながら、再びペニスを奥まで受け入れた。Gカップの爆乳が揺れ、あどけない少女が絶頂を迎えるたび、彼女の秘部からは愛液が溢れ出し、ペニスを滑るように包み込んでいく。 「あっ...ダメ...もうイッちゃう...」 「あぁっ...ゆうかちゃん...無許可で2連発中出しだよ...」 ゆうかちゃんは、自らのGスポットを刺激しながら、再びの絶頂を迎え、ペニスを締めつけた。Gカップの爆乳が揺れ、あどけない少女が何度も絶頂を迎えるたび、彼女の秘部からは愛液と精子が溢れ出し、肛門までヒクつかせていた。 「あっ...ダメ...また...イッちゃう...」 「あぁっ...ゆうかちゃん...もっとイッちゃえ...」 ゆうかちゃんは、自らのGスポットを刺激しながら、ペニスを激しく出し入れし、再び絶頂を迎えた。Gカップの爆乳が揺れ、あどけない少女が乱れる姿は、圧巻だった。彼女の秘部からは、愛液と精子が溢れ出し、白い花が咲いたようだった。 「ゆうかちゃん、もっとエッチなこと、しよ?」 「はい...なんですか...?」 「ゆうかちゃんのワガママボディに、強力オイルを塗りたくっちゃうよ」 「えっ...それって...」 「大丈夫、もっと気持ちよくなってもらうから。ゆうかちゃんのワガママボディ、エロくなっちゃうよ」 ゆうかちゃんのムチムチとしたボディに、ねっとりとした強力オイルを塗りたくっていく。Gカップの爆乳がオイルで輝き、ムチムチとしたお尻がエロティックに光る。 「あっ...そこ...気持ちいい...」 ゆうかちゃんは、オイルで敏感になった身体をビクンビクンと震わせる。Gカップの爆乳が揺れ、あどけない少女のような喘ぎ声がスタジオに響き渡る。 「あっ...ダメ...イッちゃう...」 「あぁっ...ゆうかちゃん...」 ゆうかちゃんは、自らのGスポットを刺激しながら、クリトリスを激しく擦り上げた。Gカップの爆乳が揺れ、あどけない少女が絶頂を迎える。彼女の秘部からは、オイルと愛液が混ざり合い、ぶしゃぶしゃと大量の潮吹きを披露する。 「あっ...ダメ...また...」 「あぁっ...ゆうかちゃん...」 ゆうかちゃんは、自らのGスポットを刺激しながら、再びペニスを受け入れる。Gカップの爆乳が揺れ、あどけない少女が絶頂を迎えるたび、彼女の秘部からはオイルと愛液と精子が混ざり合った液体が溢れ出し、ペニスをねっとりと絡め取っていく。 「あっ...ダメ...頭、カラっぽになっちゃう...」 「あぁっ...ゆうかちゃん...もっとキマッちゃえ...」 ゆうかちゃんは、自らのGスポットを刺激しながら、ペニスを激しく出し入れし、再び絶頂を迎えた。Gカップの爆乳が揺れ、あどけない少女が乱れる姿は、圧巻の一言。彼女の秘部からは、大量の愛液とオイルと精子が混ざり合い、エロティックな雰囲気をスタジオいっぱいに充満させていた。 「ゆうかちゃん、エロすぎるよ。もっとエッチなゆうかちゃん、見せて?」 「はい...」 ゆうかちゃんは、恥ずかしさに顔を赤らめながらも、あどけない笑顔でそう言った。Gカップの爆乳が揺れ、ムチムチとしたお尻がカメラに迫る。あどけない少女のような表情と大胆なエロスを併せ持つゆうかちゃんは、エロすぎる肉感ダイナマイトボディで、大人の理性を刈り取っていたのだった。

カテゴリ
タグ