focs00205jp-1
コスプレイヤーのあずは、上昇志向の強い女性だった。彼女は、コスプレ業界で有名になることを夢見て、その美しい容姿とFカップの巨乳、そして魅力的な巨尻を武器に、精力的に活動していた。 「私を推してくれないと、有名になれないんだよね♪」 あずは、イベントやSNSでファンにそう語りかけ、その注目を集めていた。彼女のファンは、彼女の美貌とセクシーなコスプレに魅了され、熱狂的な支持を送っていた。 「あずちゃん、もっと有名になるために、僕にできることはないかな?」 あずの熱狂的なファンである一人の男性が、あずにそう持ちかけた。彼は、あずが業界で成り上がるために、何か特別なことをしたいと考えていた。 「もちろん! あなたが私をサポートしてくれるなら、もっとエッチなコスプレセックスで魅了してあげる」 あずは、その男性を誘惑するようにそう言った。彼女の瞳には、上昇志向の炎が燃え盛っている。 「じゃあ、今夜、僕の家でコスプレセックスの撮影をしないか? きっとあなたのファンは、その姿を夢中で見るに違いない」 男性は、あずを自宅に招き入れ、コスプレセックスの撮影を始めた。あずは、Fカップの巨乳を強調するコスチュームに身を包み、男性を誘惑する。 「ねえ、もっと激しくして...私をもっと有名にして...」 あずは、男性に身を任せながら、快感に身をよじらせる。その表情は、快楽と野望に満ち溢れ、その巨尻が波打つたびに、男性をさらに興奮させた。 「あずちゃん...君は間違いなく有名になる...」 男性は、あずの美貌とセクシーさに魅了され、その体を激しく求めた。あずは、男性の愛撫に身を任せながら、快感に身を震わせ、その声を響かせる。 「あぁ...もっと...もっと私を推して...」 あずは、男性に身を委ね、その体を貪るように求めた。彼女の野望は、コスプレ業界を飛び出し、もっと大きな舞台へと向かっていた。

タグ