h_1596dg00265jp-2
コロナ禍の影で、密かに行われていたコスプレイヤー撮影会の裏オプション。収入減に悩むレイヤーたちは、過激な要望にも耳を傾けるようになっていた。 「触るのは、この金額じゃダメですよ」 いつも撮影していたあのコスプレイヤーが、突然そんな提案をしてきた。 「え? お金払えば、触ってもいいの?」 撮影者の男性は、驚きながらも、好奇心を抑えきれなかった。カメラを動画モードに切り替え、内緒の交渉が始まる。 「絶対に内緒ですよ。SNSとかに書いたりしないでくださいね」 彼女は、男性にそう念押しした。金額と承認欲求、双方の欲望が絡み合い、密室で禁断のハメ撮り乱交が始まる。 「あぁ...優しく触って...」 彼女は、色白で柔らかい肌を震わせながら、男性の愛撫に甘い声を漏らした。普段からカメラを意識している彼女は、カメラの前でも恥じらいを見せることなく、大胆なポーズを取る。 「あぁ...気持ちいい...もっと...」 彼女は、男性の求めに応え、徐々に大胆になっていく。カメラは、二人の乱れゆく姿を克明に記録していく。 「ダメ...そこはダメ...あぁ...」 彼女は、男性に秘部を触られ、快楽に身を委ねた。カメラは、彼女の乱れゆく表情と、男性の激しい動きを捉えていた。 「あぁ...出る...出すよ...」 男性は、興奮の頂点で、生中出しを敢行した。彼女は、快楽と興奮に満ちた表情で、男性を受け入れる。カメラは、二人の絡み合う姿を、生々しく記録し続ける。 「SNSとかに絶対書かないでくださいね...」 彼女は、男性にそう確認した。金額と承認欲求を満たした彼女は、満足げな表情を浮かべていた。 コロナ禍をきっかけに、コスプレイヤー撮影会は、ただのハメ撮り乱交の場と化していた。素人とはいえ、普段からカメラを意識している彼女たちは、男性たちの欲望を刺激し、新たな時代の性交渉を象徴していた。

タグ